ピストバイク

ピストバイクにおすすめなライト5選!選び方まとめ

ピストバイクを購入する際に必須な自転車パーツの1つに「ライト」があります。

道路交通法第五十二条、および第六十三条の九によると、自転車を含む車両にはライトが必須である旨が定められています。

車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

道路交通法第五十二条

自転車の運転者は、内閣府令で定める基準に適合する制動装置を備えていないため交通の危険を生じさせるおそれがある自転車を運転してはならない。

 自転車の運転者は、夜間(第五十二条第一項後段の場合を含む。)、内閣府令で定める基準に適合する反射器材を備えていない自転車を運転してはならない。ただし、第五十二条第一項前段の規定により尾灯をつけている場合は、この限りでない。

道路交通法第六十三条の九

本記事では、ピストバイクにおすすめなライト5選と選び方まとめについて解説します。

ピストバイクに必要なライトとは

前述のとおり、道路交通法によってピストバイク(自転車)には、ライトの装備が必須と定められています。

違反した場合は、5万円以下の罰金が科せられることになります。

ピストバイクのライトはどんなライトでも良いわけではなく、一般的なヘッドライトは白色または淡黄色で、夜間に前方10m以内の障害物が確認できる明るさが一般的とされています。

実際の数値では、JIS規格で特定方向の明るさを示す数値が400カンデラ以上と規定されています。

また、周囲を放射状に照らす値のルーメンは400ルーメン以上が理想とされており、200ルーメン程度しかない安価なライトでは街灯なしで周囲を確認することは難しいとされています。

ピストバイクのヘッドライトの役割

ピストバイクのヘッドライトの役割は2つあります。

  • 路面を照らし路面状況を把握する
  • 自分の存在を周囲にアピールする

1つ目は、路面を照らすことです。真っ暗な道を走っていると、ガタガタと音を立てたり、地面の石を踏んだりして転倒し、事故につながる可能性があります。

2つ目は、自分の存在を周囲にアピールするためです。これも無灯火運転が危険である最大の理由です。自動車や自転車、歩行者に「自転車が走っていますよ」とアピールできれば、事故を未然に防ぐことができます。

ピストバイクのヘッドライトの選び方

ピストバイクのヘッドライトの電源には、乾電池式、USB充電式、高光量充電式、発電式、ブロックダイナモ、ハブダイナモなど、さまざまなものがあります。

最近では、LED電球を使用したライトも増えてきました。

その中でも、”乾電池式 “と “USB充電式 “のどちらかを選ぶのが一般的です。

充電池式は、ハイパワーで明るく照らすことができ、充電すれば繰り返し使えるというメリットがあります。

その分、電池を消費するため、点灯時間が短いというデメリットがあります。

また、乾電池タイプに比べて価格が高く、電池が切れてもすぐに取り外して交換できないのが一般的で、走行中に電源が切れると次の充電まで点灯できなくなってしまいます。

乾電池タイプは、電池切れでライトが暗くなったり消えたりしても、交換用電池がコンビニなどで簡単に手に入り、価格も安いというメリットがあります。

デメリットは、電池を交換するたびにお金がかかることです。

ピストバイクのリアライトの役割

ピストバイクのリアライトの役割は、後方への存在感をアピールし、事故を未然に防ぐことです。

リアライトは運転している人には見えませんが、後続の車や自転車に光で存在を知らせるために、ある程度の明るさと視認性が必要です。

ピストバイクのリアライトの選び方

ピストバイクのリアライト選びで必要なのは、明るさと点灯時間です。

これが不十分だと十分に照らすことができず、リアライトの意味がなくなってしまいます。

ピストバイクのリアライトの明るさは、製品によって異なり、照明の明るさは「ルーメン」という単位で示されますが、リアライトの最適な明るさは10~15ルーメン程度です。

10~15ルーメンは、100m離れても認識できる明るさと言われています。

つまり、この明るさのテールランプを装備すれば、100m後方を走るクルマやバイクに認識され、追突事故の防止につながるのです。

ピストバイクにおすすめなライトのメーカー

ピストバイクにおすすめなライトのメーカーをいくつかご紹介します。

CATEYE(キャットアイ)

CATEYE(キャットアイ)は、1954年に設立された日本のメーカーです。主にリフレクター、ライト、サイクルコンピューターなどを製造しています。これらの製品を通じて、ライダーの健康で安全かつ快適な自転車ライフをサポートしています。キャットアイの製品は、世界中のサイクリストに愛され、高い評価を得ています。ヘッドライトは、街頭のない真っ暗闇でも走れる光量の多い充電式から、街中で気軽に使える乾電池式までラインナップしています。

GENTOS(ジェントス)

GENTOS(ジェントス)は、テーブルランプ、ランタン、ハンディライトなどの照明や、自転車用の照明を開発するメーカーです。GENTOSの自転車用ライトは、自動車のロービームを再現した明るさをコンパクトなボディに詰め込んでいます。さまざまなライフスタイルに合わせたラインナップで、快適かつ安全なナイトライドを実現します。

SERFAS(サーファス)

SERFAS(サーファス)は、1993年にアメリカ・カリフォルニアで誕生したブランドです。サイクリングが好きだった創業者が、自分に合った快適なサドルを開発したのが始まりです。現在ではサドルだけでなく、各種アパレルや自転車パーツなど、快適な製品を開発しており、その数は総合パーツブランドと呼べるほどです。

ピストバイクにおすすめなライト5選

ここからは、ピストバイクにおすすめなライト5選をご紹介します。

CATEYE(キャットアイ)AMPP500

●最大約500ルーメンの充電式ライト

●オプティキューブ テクノロジーを採用したワイド配光で、視認性と被視認性を高めたデザイン

●電池残量が分かるバッテリーインジケータ搭載(残量が20%以下になると、赤色点灯)

●手軽なUSB充電

●モードメモリー機能

●ハイ/ロー/※デイタイムハイパーコンスタント/点滅 4モード

●ダブルクリックでどのモード(消灯含む)からでも素早くハイモードにすることができ、シングルクリックで元のモードに切替可能

●手軽に固定できるフレックスタイト™ブラケット付属

●オプションのヘルメットブラケットとセンターフォークブラケットにも対応

スペック商品情報
明るさ(ルーメン換算値)約500ルーメン
電池形式USB充電式
点灯最長時間(ハイ):約1.5時間(500ルーメン)、(ロー):約3時間(250ルーメン)、 デイタイムハイパーコンスタント: 約5時間(500/250ルーメン)
点滅最長時間約50時間(250ルーメン)
充電時間約4~8時間

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト RAPID mini

スペック商品情報
明るさ(ルーメン換算値)約25ルーメン
電池形式USB充電式
点灯最長時間点灯:約3時間 ラピッド:約5時間 グループライド:約20時間
点滅最長時間約30時間(点滅)
充電時間約2時間

●サイズ:52.2x20x31.6mm

●重量:21.5g(本体+電池)

●使用電池:リチウムイオン充電池

●使用時間 点灯:約3時間/ラピッド:約5時間/グループライド:約20時間//点滅:約30時間

●充電時間:USB充電 約2時間

小型・軽量のリチャージャブルセーフティライト。 視認性が高く多彩な発光パターン(点灯・ラピッド・グループライド・点滅)。 オプティキューブテクノロジーと高輝度LED3灯でMax25ルーメン。 リチウムイオン充電池内蔵。 モードメモリ機能により消灯時のモードで点灯開始。 バッテリーインジケータ搭載。 電池残量が少なくなると発光パターンが自動で点滅に切り替わるバッテリーオートセーブ機能。

GENTOS(ジェントス)XB-800R

スペック商品情報
明るさ(ルーメン換算値)約800ルーメン
電池形式USB充電式
点灯最長時間約3時間(Highモード) 約6時間(Normalモード) 約16時間(Ecoモード)
点滅最長時間約20時間(点滅)
充電時間約4時間

●使用光源:高輝度チップタイプ白色LED×1個

●明るさ(約):800ルーメン(Highモード)

●使用電池:専用リチウムイオン充電池 3.7V 2,800mAh

●充電時間(約):4時間

●電池寿命:充放電 約500回

●点灯時間(約):3時間(Highモード)/ 6時間(Normalモード)/ 16時間(Ecoモード)/ 20時間(点滅)

●照射距離(約):95m(最大時)

●保護等級:耐塵・防滴仕様(IP64準拠)

●落下耐久:1m落下耐久

●本体サイズ(約):φ35.5×128.0mm

●本体質量(約):155g(電池含む)

●付属品:Micro USBケーブル、パワーブラケット、専用充電池

●JANコード:4950654 038521

●オプションパーツ(別売):専用充電池(型番:GA-08、JAN:4950654 037005)

耐塵・防滴(IP64準拠)&1m落下耐久 USB充電式 オーバルビーム: 楕円形の照射面でワイドな照射が可能。
バッテリーインジケーター: 電池容量低下による充電必要時に赤色点灯でお知らせ。
チャージングインジケーター: 充電中の充電状態をお知らせ。

GENTOS(ジェントス) バイクライト RL-00R

スペック商品情報
明るさ(ルーメン換算値)不明
電池形式USB充電式
点灯最長時間点灯/7.5時間
点滅最長時間点滅A/8時間、点滅B/25時間、点滅C/14.5時間、点滅D/20時間、点滅E/12.5時間
充電時間約2時間
  • サイズ:約幅41×奥行29×高さ41mm、本体重量:約25g
  • セット内容・付属品:本体、Micro USBケーブル (27cm)、ブラケット、シリコンストラップ (大) (対応径 : 27~32mm)、シリコンストラップ (小) (対応径 : 22~26mm)、専用充電池 (内蔵)
  • 使用電池:専用充電池
  • 実用点灯:点灯/7.5時間、点滅A/8時間、点滅B/25時間、点滅C/14.5時間、点滅D/20時間、点滅E/12.5時間
  • 機能:1m落下耐久、防滴仕様(IPX4準拠)

SERFAS(サーファス)USL-450

スペック商品情報
明るさ(ルーメン換算値)450ルーメン
電池形式充電式
点灯最長時間オーバードライブ(2.5時間)、ハイ(3.5時間)、ミディアム(7時間)、ロー(14.5時間)
点滅最長時間デイタイムフラッシュ(25時間)、ローフラッシュ(20時間)
充電時間3.25時間

●450ルーメン。

●IPX4レベルの防水仕様。

●重量:ブラケット込みで162g。

●3.25時間で満充電(USBのアンペア数により変動します)。

●3段階で充電残量を表示。

●点灯モード(点灯時間の目安):オーバードライブ(2.5時間)、ハイ(3.5時間)、ミディアム(7時間)、ロー(14.5時間)、デイタイムフラッシュ(25時間)、ローフラッシュ(20時間)。

まとめ

ピストバイクに乗るためには、ライトの装備は必須です。

本記事では、ピストバイクにおすすめなライト5選と選び方まとめについて解説しました。

おすすめライトメーカーは、下記の3つ。

  • CATEYE(キャットアイ)
  • GENTOS(ジェントス)
  • SERFAS(サーファス)

本記事を参考におしゃれなライトを選んでみてください。

編集長
TAKERU
ピストバイクに惚れ込み、猛勉強してピストバイクブログを立ち上げました。シングルスピードの固定ギア。少しクセのある乗り心地が他のスポーツバイクには無い特徴です。ピストバイクの魅力をお伝えします!
\ Follow me /